ミルククレンジングとクリームクレンジングの使い分け [洗顔]

肌に優しいと言われているは、ミルククレンジングとクリームクレンジングです。
その名が示す通り、ミルクの方が水分が多く、
クリームはこってりと流れ落ちることなく使用することができます。

ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
 ミルククレンジング
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
ミルククレンジングは、他のクレンジングと比較すると
配合されている合成界面活性剤が少ないために、肌水分を奪いません。
敏感肌や肌が弱い人に向いていて、キメを乱さずメイクを落とすことが可能なのです。

よく落ちるクレンジングを使用していると、
メイクオフ後のさっぱり感が少ないことから、頼りない気分になる方もいます。
長期間ミルククレンジングを使い続けると、
乾燥肌や敏感肌の改善に気が付くこともあるようです。

ただ、しっかりメイクをしている方は、メイクとの馴染みに幾分時間がかかり、
指でマッサージを続ける必要があります。
強くこすると逆に摩擦で、肌に負担をかけてしまいます。

ミルククレンジングを行うのに適している方は、
油分の少ないパウダリ―ファンデか、
ごく薄いナチュラルメイクの人となります。

また、ニキビや毛穴の角栓が気になる方は、毛穴に詰まりにくいミルクの方が
適しています。


ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
 クリームクレンジング
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
逆に、しっかりメイクや長時間落ちにくいフットタイプのメイクをしている場合は、
クリームクレンジングが滴しています。

クリームクレンジングは、肌質を問わず、脂性肌や乾燥肌の人でも、
素早くメイクをクリームの中に包み込んでくれます。

メイクの上に伸ばしてわずかな力で、メイクオフが可能なことから、
肌摩擦の心配はありません。

ポイントメイクも、クリームクレンジングを載せてしばらく時間を置いてから、
コットンで抑えるようにしてとると、綺麗に落ちるものも多かったりします。

就寝の時間も惜しいくらい忙しい時は、クリームクレンジングで一気にメイクオフというのが、
おすすめとなります。

クリームタイプは、テッシュなどで拭き取るタイプのものと洗い流せるものと、
両方兼用のものとあります。
テッシュを使う場合は、テッシュの摩擦を心配する人もいますが、
濃密なクリームを水で洗い流す方がかえって手に力が入って、
ゴシゴシとやってしまいがちです。

私が、クリームタイプを使う時は、サッとテッシュで拭き取った後、
洗顔石鹸でクレンジングも一気に洗い流しています。

洗顔石鹸を毛穴の汚れが得意な、クレイタイプのものやジェルタイプのものを
使用すれば、毛穴に入り込んだクレンジングも取り除くことが可能です。


ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
 毛穴に詰まった汚れは
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
毛穴に詰まった汚れを除去するには、ミルクもクリームも滴していません。
毛穴の中に入り込んだミルクやクリームが、
残って毛穴づまりをする可能性があるためです。

毛穴の汚れをとるのが目的ならば、やはりオイルクレンジングですが、
やはりオイルは毛穴に残ります。

毛穴の汚れが特に気になる方は、クレンジングに頼るより、
よく泡を立てた石けんで、W洗顔を行うとさっぱりします。

粘土の特徴である粘りや吸着力を利用して、
毛穴の汚れを吸着させるタイプのものが多く出回っています。

ところで、クレンジングジェルで肌に優しいものを見つけました。
メイクを落とすだけでなく、本来洗顔石鹸の役目と考えていた、
毛穴の汚れも得意としています。

海藻のネバネバ成分が毛穴に入り込み、汚れを吸着しているのです。
天然成分の海藻なので、例え毛穴に残ったとしても肌負担の心配はゼロですし、
このクレンジングが扱っている成分は、どれも肌に優しいことが特徴です。


【内部関連情報】
スクワラン、ホホバ、オリーブオイルをクレンジングとして使用?
クレンジング選びはメイクの濃さが決め手
ミルククレンジングとクリームクレンジングの使い分け
夏はふき取りクレンジングがフル活用
濱田マサルさん流クレンジング 
クレンジングで毛穴の汚れを落とす意味を考えるとコレかな。
オイルクレンジングが肌に悪いと言われるゆえん
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサードリンク



WEB全体から検索する


相互リンク募集中
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます